イメージ画像

復縁のきっかけ

今回は、よく質問がある
『復縁のきっかけ』について考えたいと思います。

復縁活動をしようと決め、
ひと通り復縁に関するマニュアルやHPを読んで見たけど、
具体的に何をきっかけにすれば良いか分からない!
出来れば自然な形で、出会うきっかけが欲しい!

こういった悩みを抱えている方は多いようです。
そこで、きっかけに関する考え方と具体的な方法について
アドバイス致します。

きっかけについて考える

まず初めにグサっとくることを言います。
心してお聞きください。

それは、
『きっかけで復縁することはない』
ということです。

真剣に考えているのに、なんてこと言うんだ!
KJアンタを見損なったよ!!

スイマセン。スイマセン。
ちょっと聞いてください。

なんでこんなに強い言い方をしたかと言うと、
この手の質問をする人は、明らかな思い違いがあることが多いからなのです。

考えてみてください、
復縁をするということは、お付き合いを続けて行くということです。

ですから、大事なのはどう付き合っていくかということです。
このサイトでも述べているように、
新しい自分になってもう一度恋をしていくということが大事なのです。

その本質に目を向けないで、
きっかけ作りをしても、意味が無いのです。

例えるなら、
婚活で必死に街コンの情報を収集したり、
お見合いパーティーを探したりしているようなもので、
本当に重要視しないといけない、自分磨きをしていないようなものです。

いわゆる本末転倒というヤツですね。
極論を言えば、きっかけなんて何でもいいのです。

復縁工作の危険

僕は復縁工作を否定はしませんが、
積極的に活用をおススメしません。

上に述べたように、重要なのはお付き合いを続けて行く事で、
復縁工作は、あくまでもきっかけ作りなのです。

だから、80万円使ったから復縁できるなんてことはなくて、
あくまで復縁のきっかけを作るのに80万円を払うということで、
コストパフォーマンス的に、う~ん…というイメージなんですね。

要するに復縁工作は本質的な解決にならないのです。
もちろん、きっかけ作りには鉄板の手法ですが、
お付き合いを続ける保障にはならないのです。

とはいえ…

この記事を読もうと思った方は、
具体的なきっかけ作りを知りたいと思った方だと推測します。

ちゃんとニーズに答える準備はあります。
でも、前提は忘れないでくださいね。

で、復縁シーンにおいて『きっかけ』という言葉は、
2つの解釈ができると思います。

1つは、何もないところから連絡を取り始めるための、
いわゆるファーストコンタクトです。

もう1つは、連絡はとれているけど、
お互いの気持ちを復縁モードにする恋愛感情を呼び起こすきっかけです。

ファーストコンタクトに関しては、コチラにあるように、
このサイトでも何度も言及しているので、ご参照ください。
かいつまんで言えば、携帯メールから始めるのが良いということと、
復縁を迫るような内容にしないということです。

もう1つの復縁モードにするきっかけは、
行動よりもタイミングに注目します。

質問です。
復縁をしたいと思うタイミングはどんな時でしょう?

それは、
今の恋人よりもアナタの方が良かったと思った瞬間です。

このタイミングでアナタが接近すれば、
復縁モードに持って行くことは難しくはありません。
しかし、このタイミングでぴったり連絡を取ることは不可能なので、
日頃から、メールなどで、接触をはかっていることが条件です。

そのやりとりの中で、目標とするのは、
愚痴を聞いてあげられる関係になることです。

もちろん、別れた相手に新しい恋人が現れているとは限らないので、
そうでない場合では、仕事などの不満を聞いてあげられる関係を目指します。

つまり、具体的にきっかけを作る行動というのは、
メールで相談相手になるということです。

今回は少し長くなりましたが、
前提として、きっかけ以上にお付き合いを続けるための自分磨きを忘れないこと
きっかけに繋がる行動は、メールで相談相手になる
ということでした。
きっかけに困っている人は、これらを頭の片隅に入れて素敵な恋愛をしてください。

>>他の人のアドバイスも聞いてみる

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

Share on GREE

>>復縁相談 復縁マニュアルはコチラ

タグ

このページの先頭へ