イメージ画像

依存の仕組みと対策

回は、復縁できない人について考えます。
復縁できない人に多いケースで、
依存体質になって抜け出せないというモノがあります。

もしアナタが、一日中元恋人のことを考えてしまって、
これまで以上に電話をかけたい衝動に駆られたり、
情緒不安定になっていたら危険信号です。

そうなっていたら、
アナタの復縁活動の第一歩は、
依存から抜け出すこと
になります。

依存から抜け出す理由

依存から抜け出すことを勧める理由は、
簡単にいえば、相手にプレッシャーをかけないためです。

別れた後のアナタと彼(彼女)の愛情レベルには、
大きな開きがあります。

アナタは依存するほど愛情に溢れているのに対して、
相手はアナタと距離を置きたいと思っている状態です。
そんな人にアナタの愛情をぶつけたら・・・。
相手は正直キツい・・・と感じます。

その状況が繰り返されたら、
当然相手は、より離れていき、アナタの連絡さえ受付けない状況になりかねません。
そうなったら、復縁の可能性は限りなく小さくなります。

対策

依存状態に陥った時は、とにかく連絡を断つことです。
いわゆる冷却期間です。

依存している間は、相手はアナタに振り向くことはないと考えていいでしょう。
ですから、冷却期間を置き、その間に依存性を落とすのです。
連絡を断つことで、時間の経過と共に依存性は薄れていきます

その間、アナタは苦しみます。
好きが大きければ大きいほど、苦しみます。
でも、時間が解決してくれます。

そして、その間に『復縁できる新しい自分』に成長してください。

アナタの依存を薄める、つまりアナタの相手への気持ちを少し小さくすることができれば、
アナタと相手の愛情のレベルのバランスが取れます

このバランスをイイ感じに持っていければ、復縁の確率が高まります。
これが復縁の肝です。
この状況を作り出すために、アナタは息を潜めて冷却期間を過ごせば良いのです。
そして、その間にアナタを成長させることができれば、
冷却期間はより有意義なモノになるでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

Share on GREE

>>復縁相談 復縁マニュアルはコチラ

タグ

このページの先頭へ