イメージ画像

復縁から結婚

今回の記事の対象は、女性、
それも30歳オーバーの女性をターゲットに考えたいと思います。

誰しも失恋はツライものですが、
特に30歳を過ぎた女性が失恋すると、
「もう結婚できないかもしれない…」
そんな考えが頭をよぎり、失恋の痛みとは別の不安感が心を支配するようです。

しかも、それまでのお付き合いが長ければ長いほど、
積み上げてきたものの大きさに愕然とし、
もう一度イチからやり直す気力が起きない…そんな方もいることでしょう。

この先大丈夫か?

不安になった人は、他人に救いを求めます。
それは多くの場合は,優しい言葉を求めます。

「またイイ人現れるよね?」
「わたし結婚できるよね?」

『もちろん、可能性はあります。
しかし、可能性は低くなっています。』

優しい言葉を求めている人に優しい言葉を返すことは簡単ですが、
僕に相談する人には、上にあるような厳しい言葉を返します。

僕の役目は、相談してきた人が
建設的に物事を考えるお手伝いをすることだと思っているからです。

そして、その第一歩として
現状を正しく認識することをアドバイスします。

現状を正しく認識するということ

何よりも大事なことは、この現状を正しく認識するという作業です。
失恋したての時期は一種のパニック状態です。

その状況では、色々な思いが錯綜して、正しい認識ができません。
まず頭を整理するために、紙とペンで状況を書き記すことです。

その次に、信頼出来る人にどんな状況だったかを話してみます。
話すことも自分の頭を整理する作用があります。

そして、分析をします。
分析する内容は、別れることになった原因についてです。

この原因をあらゆる角度から
徹底的に洗い出します。

これは、1つ2つのレベルではありません。
10や20の原因を洗い出し、整理してください。

この作業を徹底的にやれば、
次の段階で困りません。

何をすべきか?

現状を認識できたら、
それを踏まえて同じミスを繰り返さないようにするだけです。

そして、そこから2つの可能性について判断することです。
2つの可能性とは、新しい恋を探すのか、復縁をするのかということです。

あえて、もう恋をしないという選択肢は外しています。
恋のない人生なんて僕はイヤだし、それならば僕に相談してこないハズだからです。

2つの選択肢を選ぶ時に僕がアドバイスすることは、
相談者の希望以上に、現状を正しく判断したうえでの選択を行うべきだということです。

復縁の可能性がないのに、
復縁をオススメはしません。

逆に可能性があると判断できるならば、
このサイトや復縁マニュアルを参考にして復縁活動に邁進すべきです。

大事なことは、独りよがりにならないことです。
つまり、現状を認識せずに自分の想いだけで行動することは、
良い結果をもたらさないということです。

復縁から結婚

上記の通りに認識→分析→判断を行えば、
復縁から結婚を目指す道を選ぶこともありえます。

30歳を過ぎてから別れたからといって、
悲観的になることはありません

正しい認識、正しい分析、正しい判断がアナタに幸せをもたらします。

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

Share on GREE

>>復縁相談 復縁マニュアルはコチラ

タグ

カテゴリー:復活愛のルール

このページの先頭へ