イメージ画像

相手の心理状態をキャッチ

縁をするにあたって、
冷却期間を経て、メールのやりとりが開始したら、
やりはじめないといけない作業があります。
それは、
常時、相手の心理状態をキャッチすることです。

イメージは、定点カメラで相手を撮影し続けて、
それをアナタが観察するような感じです。

ちょっと怖い気もしますが、
ずっと追いかけるというのがポイントではなく、
カメラで撮影したものを観察するといった
ひとつフィルターをかまして、冷静に分析するといった点に重きを置いています。

具体的にどうするかというと、
相手の行動をカメラで撮影するように、
つぶさに記録します。
メール内容、返信速度、言葉遣い、
表情、態度、声のトーンなど。

そして、これらの情報を集約・分析しながら、
心理状態をキャッチして、
相手に接していく
のです。

具体的に!

例えば、
相手の心理状態がコチラに意識が向かっていると分かったら、
アナタも盛り上がります。

逆に、
相手が仕事や何か別のことに気持ちが向いていれば、
アナタは少し距離を置いてあげるのです。

もし相手が、悩んでいたり、塞ぎこんでいれば、
理由を聞いてみるのもイイでしょう。
そこまで、関係が蜜になっていなければ、
相手の心理状態と自分との関係を鑑みて、
放っておいてあげる対応をとるのです。

相手にカメラを向ける

この作業を苦もなくできるようになったら、
復縁に近づくといえるでしょう。
それどころか、
普段の人間関係でも円滑になっていくことが考えられます。

これがうまくできない人は、
相手を観察せずに、自分の内面にばかり気持ちが向いているものです。
特に恋愛シーンで、自分にばかりカメラを向けていると・・・
「さびしい」
「不安だ・・・」
という発言が増えて

相手に依存していくのです。
そして、自分にしかカメラが向いていないから、
相手がげんなりしているのにも関わらず、それに気付かずKY発言をするのです。

アナタがカメラを向け観察すべきなのは、復縁相手です。
アナタが相手をよく見て心理状態をキャッチして、復縁相手を満足させられれば、
結果的にアナタの満足に繋がります。

この循環を信じて、
成功体験に結びつけた人は、復縁成就のみならず、
その後の人生でも大きな成果を得ることができると思います。

他人に好かれようとする時、
自分ではなく、相手にだけカメラを向けること、
それが復縁への第一歩だと信じて踏み出してください。

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

Share on GREE

>>復縁相談 復縁マニュアルはコチラ

タグ

カテゴリー:復活愛のルール

このページの先頭へ