イメージ画像

復活愛を遂げる5つのルール

復縁メールの基本でも触れましたが、
復縁アプローチの最初の一歩は、
電話ではなく、メールにすべきです。
理由は、復縁メールの基本を確認してください。

ここでは、
復活愛への5つのルールということで、
復縁メールを含めた、復活愛を遂げるための、
アプローチのポイントを解説します。

復活愛5つのルール

①返事を催促しない

そもそもアナタを連絡をとりたいと思っていなかったのに、
アナタからメールを送りつけられたうえ、返信を求められたら・・・
相手にとっては、面倒なことを押し付けられた感を持ち、悪いイメージを抱きます。
良かったら返信してね」など丁寧に遠慮気味に言ったとしても、同様です。

②アナタの良い面だけを見せる

復縁が成就するまでは、アナタの良い面だけを見せるようにします。
人間ですから、ブラックな面も併せ持ちますが、それは復活愛を遂げるまで見せません。
もし、アナタが相手に不満だったり、不安を抱えたら、その時は会わないようにしましょう。
当然、メールもしないべきです。
恋人には、自分の全てを受け入れて欲しいと思うかもしれませんが、
それはアナタの都合です。

相手が受け入れられる段階でない時に、
アナタのブラックな面を見せるのは得策ではありません。

③復縁メールは「分かりやすく・ポジティブに・軽く」

分かりやすく、ポジティブに、軽くというのは復縁メールの大原則といえます。
「おひさ!! 昨日○○へ行ったよ。 いまでも○○さんがいたので思わず報告(笑)」
みたいな、2人の思い出を出しつつも、感傷的にはならずに、
さりげなくメールした妥当性を短いメールにまとめます。

毎回メールをする妥当性を含む必要はありませんが、
初回は、アナタを復活愛を遂げたいからメールしたわけじゃないという、
妥当性を含ませた方がイイでしょう。
そうすれば相手が変に警戒する必要もなく、
気軽に返信できます。

④追い討ちメールをしない

相手から返信がないのに、アナタから追い討ちをかけるようなメールを送ってはいけません。
いまは返信できない時なのです。
それが物理的な問題でも、心理的な問題でも関係ありません。
とにかく、いまは返信できない時だと理解して、追い討ちメールを送らないことです。
そこで連続してメールすることは、アナタのイメージを悪くします。

⑤恋愛感情を見せない

復縁を匂わすことは、まだアナタに心を開いていない相手にとって、恐怖です。
最初は相手に心を開いてもらうことが大事です。
アプローチの段階では、恋愛に関する話題さえ避けましょう。

以上、急ぎ足で5つのルールを解説しました。
アプローチの段階では、以上のことを守ることで、
相手はどんどん心を開いてくれることでしょう。

ルールを窮屈に感じる時は、
きっと、順調にいっている時です。
そんな時は、良い兆候と思い、そんな状況になったことを喜び、
グッと我慢しましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

Share on GREE

>>復縁相談 復縁マニュアルはコチラ

タグ

カテゴリー:復活愛のルール

このページの先頭へ