イメージ画像

恋人に求めすぎたケース

れから数回、ケースごとの原因と対策について考えていきたいと思います。
今回は『恋人に求めすぎた』ケースです。
決してエッチな意味じゃないです。(笑)
相手に多くを望みすぎた場合について考えたいと思います。

恋人に要求をすることは、
決して悪いことではありません。

むしろ、何も要求しなければ、
自分は求められていないのかと、
不安になることさえあります。

しかし、
無理な要求だったり、
利己的な要求であれば、それは相手の負担にしかなりません。

恋人に求める理由

ということで、
要求について少し掘り下げたいと思います。

そもそもアナタが相手に何かをお願いしたり、
甘えたいはなぜですか?

アナタがルーズだから?
相手に嫌がらせをしたいから?

どちらも違いますね。
アナタが要求するのは、
愛情を感じたいからでは、ありませんか?

つまり、
アナタは、愛情不足を感じ、
より愛情を感じるために、
相手に多くを求める悪循環になっていたのではないでしょうか?

解決策

愛情を感じるためには、
相手の行動も必要ですが、
それ以上に大事なのは、愛情を感じる力ではないかと、
私は思います。

相手の愛情を感じない⇒多くを求める
これでは、復縁しても同じ過ちを繰り返してしまいます。

もし、
アナタが相手に多くを求めすぎて別れてしまったのなら、
復縁するためには、愛情を感じる力を磨きましょう

そうすれば、
多くを求めなくなったアナタに、
恋人は、これまで以上の愛情を注ぎ、
アナタも恋人に優しくなれるという
好循環が生まれることでしょう。

関連記事:

  1. 何が悪かったのか、原因を突き止める

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

Share on GREE

>>復縁相談 復縁マニュアルはコチラ

タグ

カテゴリー:振られた原因を探る

このページの先頭へ