イメージ画像

恋人に心を開くことができない

人に「自分」を理解してもらえるか分からず、
本当の私を見せられなかった。

その挙句、相手からは
「何を考えているのか分からない」と言われてしまう。
心の中では色々考えていて、言いたいこともあったし、
泣きたいくらいのことだってあった・・・。

でも、いつも作り笑顔。

恋人に嫌われるのが怖くて、表向きな自分しか出せなかった。

今回は、
このように恋人に心を開けずに別れたケース
を取上げたいと思います。

最近、恋人に関わらず、
人に対して心を開けないという悩みを多くお聞きします。

これは何も本人の問題だけでなく、
社会的な背景も絡んだ問題かと私は思いますが、
そこまで追ってはいけないので、
ざっくりと、人に心を開くべきという前提で話しを進めます。

嫌われるのが怖い理由

嫌われるのが怖いということを掘り下げると、
本当の自分は嫌われる
という発想が本人にあることが考えられます。

そして、その発想の原点は、
本当の自分を自分が愛してないから、と言えないでしょうか?

完璧な人間はいないし、
誰でもダメな自分を知っています。
そんなダメな自分を軽蔑しないか不安になる気持ちも分かります。

でも、発想を転換してください。
恋人のダメな部分をアナタは認めませんか?

そんなことはないですよね?
時にはダメな部分が愛おしくさえ思えるものではないですか?

つまり、ダメなアナタが愛されない理由などないのです。
逆にアナタのダメな部分を自分で愛せないと、相手のダメな部分も愛せないということになり、
それでは恋人関係は維持できないのです。

ですから、
本当の自分、
アナタのダメな部分も含めた自分を愛してください。

そして、自分を認めることができたら、
素のアナタを出すことは怖くなくなるはずです。

解決方法

恋人に心を開くことができないケースの解決方法は、
上に述べた通り、
自分のダメな部分も愛するということに尽きます。

ダメな部分も見方を変えればチャームポイントになりえます。
柔軟な発想で本当の自分を愛してあげましょう。

関連記事:

  1. 何が悪かったのか、原因を突き止める
  2. 恋人に求めすぎたケース
  3. 恋人を信用できない・・・

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

Share on GREE

>>復縁相談 復縁マニュアルはコチラ

タグ

カテゴリー:振られた原因を探る

このページの先頭へ