イメージ画像

失恋の原因が分かった後にすべきこと

ナタは物事の本質を見る習慣を身につけた
そして、しっかりと原因も分かった。

そうすると、
自然と自分の至らなかった点が見えてきて、
激しく自己嫌悪 ⇒ 激しく反省 といったモードになるかもしれません。

そこまで激しくなくても、
「自分だったらあんなことされたら、嫌いになって当然」
「なんであんなことしちゃったんだろう」
「ひとこと謝っておきたい・・・」

そんな風に思うかもしれません。
でも、すぐに謝ってはいけません

反省したから、
良心の呵責に耐えられないから、
そういった理由で、相手に連絡を取りたくなるかもしれませんが、
それはNGです。
冷却期間中に相手に連絡をとることは、逆効果になります。

この時点で連絡をとることは、自分のためでしかないからです。

謝ってはいけない

どういうことかというと、
相手が別れを望んだ以上、アナタと離れたいと思っています。
それにも関わらず、アナタの気持ちだけの問題で、
相手に連絡をとれば、そのときの嫌な気持ちが甦り、
復縁は遠のきます。

謝罪は、相手が本当に謝罪して欲しい
という気持ちになった時にしなければ意味をなしません。

もちろん、悪いことをした、謝りたいという気持ちは大切です。
しかし、別れたばかりの時は、その時期ではありません
冷静に、目的を思い出し、
それが復縁だと確認できたら、
復縁成就のため、と自分に言い聞かせ、
気持ちを抑えましょう。

失恋の原因が分かったら、
とにかく反省してください。
そして、その気持ちを忘れないでください。
それが復縁を成功させるエネルギーになります。

謝るのは、復縁を達成してからでも遅くはないのですよね。

関連記事:

  1. 何が悪かったのか、原因を突き止める
  2. 恋人に求めすぎたケース
  3. 恋人を信用できない・・・
  4. 恋人に心を開くことができない

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

Share on GREE

>>復縁相談 復縁マニュアルはコチラ

タグ

カテゴリー:振られた原因を探る

このページの先頭へ