イメージ画像

愛情を伝えるテクニック

ナタの魅力を再認識させる段階の手法です。
恋愛相談を受けると、
よく好きだという気持ちを伝える文章がかけないとか、
いい言葉をいえない、といった悩みを聞くことがあります。

そんな時は、
もしアナタが小説家や俳優でない限り、
そんな悩みを持つ必要はありません
と答えます。

そういったことができないのは当たり前です。
逆に、アナタが
そんな素晴らしいメールやラブレターをもらったことはありますか?
と聞くと、十中八九、「そんなことないですね」と言われます。

つまり、
世の中の人は特別なことをしなくても愛情を伝えているのです。
そして、受けて側も言葉がなくても、愛情を感じる感性はあるのです。

愛情を伝える方法

もちろん、何もしなくてもイイというわけではありません。
それにこの記事を読むからには、
なんらかのテクニックを求めてアクセスしているハズです。

もったいつけることもないので、
言っちゃいます。

その方法は、
相手の求めるリアクションをとる
ということです。

つまり、相手が自分に何かをしてくれたら素直に喜ぶ。
そして褒めるということです。

これは、出来ていそうで、なかなか出来ないことです。
特に男性の場合、感情表現にとぼしい傾向が強いようです。

言わなくても分かってくれる
気持ちは伝わってるハズ
という思い込みは厳禁です。

そもそも、リアクションをしない理由はなんですか?
恥しいから、面倒くさいから・・・etc
そんな自分本位の理由で、
相手の心配りを台無しにする理由なんてありませんよね?
自分が好きな人に対してなら尚更です。

素晴らしいメールを書くことに頭を悩ませるくらいなら、
普段のリアクションに気を配る方が遥かに効果的です。

もう1つ

もう1点気をつけたいのは、
相手の好意に遠慮をしないことです。

例えば、
相手が自分のために、高価なプレゼントをくれた。
そんな時、「自分には似合わないから」といって遠慮するケースがあります。
日本的な美徳に思えますが、
これは恋愛シーンにおいては逆効果。

相手を喜ばせようと思ってやったことに対して、
期待通りのリアクションがなければ、そのうち何もしてくれなくなり、
最悪の場合、アナタに興味を持たなくなります。

甘えること、
素直にリアクションすることを上手に使って、
愛情を伝えてください。

関連記事:

  1. 復縁の冷却期間
  2. なんでも冷却期間を置けばイイわけではない
  3. メールからじわじわ接近する

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

Share on GREE

>>復縁相談 復縁マニュアルはコチラ

タグ

カテゴリー:復縁方法

このページの先頭へ