イメージ画像

メールからじわじわ接近する

却期間に関しては、かなり理解が深まったかと思われます。
今回は、次の段階で『メールなどで少しづつアプローチをしていく』の導入です。

タイトルにはメールからと記していますが、
久しぶりの連絡をとる場合は、どんな手段を使うのが良いでしょうか?

ファーストコンタクトの方法

連絡手段なんて、好みの問題だし、何でもイイんじゃないの?
なんて言わないでください。
電話より手紙よりメールが一番良いです。
それも携帯メールです。

ちゃんと理由もあります。
携帯メールが心理的なプレッシャーが一番小さいからです。
アプローチの最初の目的は、とにかく心を開いてもらうことです。
そのため、心理的なプレッシャーは極力軽い必要があります。

手紙では、特別感がありすぎて重いですし、
面倒くさがりな人であれば、返事さへ出さない場合もあります。

電話では、お互いに緊張してうまく話せない可能性があるうえ、
偶然相手が電話に出れなかった場合に、
アナタは凹みますし、相手も気まずい感じになります。
さらに、何度も電話をかけるわけにもいかないので、
相手に対応を委ねる状況になるのは、精神的によろしくありません。

そういう訳で、メールを利用することをオススメします。
さらに、PCではなく、携帯のメールが望ましいです。
これもいかに軽いメールにするかという演出で、
PCメールよりも携帯メールの方が軽い印象を与えられるので、良いでしょう。

注意点

一番やってはいけないことは、
復縁を迫らないことです。
どんなにバカみたいな内容でも、
漢字変換を間違えても構いませんが、
復縁を迫るような内容だけは避けてください。

せっかくの冷却期間も無駄になってしまいますし、
相手が心を開かないでシャットダウンしてしまう可能性さえあります。

ということで、その点を気を付けつつ、
この詳細は、復縁メールカテゴリーで確認してください。

関連記事:

  1. なんでも冷却期間を置けばイイわけではない
  2. 復縁の冷却期間

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

Share on GREE

>>復縁相談 復縁マニュアルはコチラ

タグ

カテゴリー:復縁方法

このページの先頭へ