イメージ画像

振られた人、振った人の復縁方法

振られてしまった…。
ハッキリ言って悔しい。
食事は喉を通らず、
夜も眠れない。

それでも、忘れられない…。

ならば、復縁を選択すれば良いのです。
しかし、復縁に丸腰で立ち向かうことは危険です。

復縁に対する準備、テクニック、心構えなど…
知っておくべきことはたくさんあります。

その中で、今回はアプローチ方法に関して、
振った人、振られた人の立場の違いに注目したいと思います。

冷却期間

このサイトでも紹介していますが、
復縁シーンにおいては、冷却期間は重要なファクターです。

>>当サイトの冷却期間の詳細は、コチラ

しかし、これはあくまでも振られた人が
復縁したい場合に当てはまるケースで、
振った人が同様に冷却期間を必要とするモノではありません

そもそも、ナゼ冷却期間を設けるかを考えれば、
その理由は明らかになります。

振られた人と振った人の冷却期間

冷却期間の狙いをまとめると、

Ⅰ:アナタとの嫌な思い出が薄れる
Ⅱ:良い思い出が記憶に残り、純化される
Ⅲ:アナタを失った後悔が始まる

以上が挙げられます。
これを見れば分かるように、
冷却期間は振られた人にメリットをもたらすテクニックです。

逆に振った人が冷却期間を置いた場合、想定される影響を考えて見ましょう。

Ⅰ:アナタに完全に嫌われたと思い込む
Ⅱ:相手は被害者意識が高まり、恨むこともある
Ⅲ:相手は振られた事実から目をそむけるために、アナタの価値を下げるように考え始める

Ⅲを補足すると、『あばたもエクボ』を考えると分かりやすいかも知れません。
恋愛をしている時は、相手の悪い部分も可愛く見えます。まさにあばたもエクボ状態なのですが、
振られた挙句、連絡も取れない状況になれば、可愛く見えたあばたがリアルにあばたになるという思考回路になるということです。
『マジメ』は『面白みがない』になり、
『優しい』は『優柔不断』、
『仕事熱心』は『恋人を大事にしない』という具合になりかねません。

このように立場が異なれば、
同じように連絡を断つ行為でも、その効果は真逆になることがあります

それぞれのアプローチ

振られた人に関してアプローチ方法は、
当サイトの復縁方法で図解入りで説明しています。

振った人は、冷却期間は必要としません。
メールでじっくり様子を伺っていく必要もありません。
大事なことは、ナゼ相手を振って、ナゼ復縁をしたいと思うようになったのか、
その理由を相手に納得してもらわないと、その後良い関係になりません。

世間では、それを『説明責任』と呼びます。

振った人は、心理的に優位に立ち、
ともすれば相手への配慮が欠ける行動を取ることもあります。
そうすると、不信感が募り、復縁が出来なくなることもあります。
相手に誠意を見せるために、自分の考えをまとめ、
どうして復縁したいのかという説明責任を果たすようにしましょう。

>>たった35日でアナタじゃないとダメみたいと言わせる方法

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

Share on GREE

>>復縁相談 復縁マニュアルはコチラ

タグ

カテゴリー:復縁方法

このページの先頭へ