イメージ画像

復縁の冷却期間

復縁方法カテゴリーTOPで述べたように、
復縁には段階があります。

最初の段階は冷却期間です。
冷却期間とは、別れてから元恋人といっさいの連絡を断つことを意味します。
その間は、会うことはおろか、メールさへも送りません。

いろいろな復縁マニュアルを読むと、
その期間は3ヶ月であったり、6ヶ月だったりしますが、
その数字自体はあまり意味はないかもしれません。

いろいろなタイプの人がいるように、
効果のある冷却期間も個人差があるからです。

その辺の数字に捉われるより、
本質を理解しましょう。

冷却期間で生まれる変化

冷却期間を持つ意味は、
時間が経つと以下のような変化が生まれるためです。

Ⅰ:アナタとの嫌な思い出が薄れる
ありがたいことに人間は忘れる生き物です。
どんな嫌な記憶でも時間とともに薄れていきます。
アナタと別れることを選んだ相手には、嫌な記憶を忘れる時間が必要です。

Ⅱ:良い思い出が記憶に残り、純化される
上で申し上げたように、人間は忘れていく生き物なので、
良い思い出の枝葉末節さえも忘れていきます。
そして純化された良いイメージだけが残るのです。

Ⅲ:アナタを失った後悔が始まる
別れたばかりの時は、頭の中は嫌な部分で覆われていますが、
時間の経過と共に思い出が整理されて、冷静になった時、
アナタを失った現実を理解します。
そして、後悔が始まるのです。

この後悔が始まった時が、
冷却期間終了のタイミングです。
冷却期間中は相手とコンタクトがとれないので、
それまでの付き合いから、このタイミングを推測して狙い撃ちしましょう。
ひとつの目安は3ヶ月~6ヶ月です。

次回は、冷却期間を必要としない場合について考えたいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

Share on GREE

>>復縁相談 復縁マニュアルはコチラ

タグ

カテゴリー:復縁方法

このページの先頭へ