イメージ画像

気をつけたい復縁メールの内容

愛相談を受けていると、
よくある質問で、
「どんな内容を書けばイイのかわからない」
という悩みを聞きます。

確かに復縁メールのように、慎重になるほど、
何を書いて良いか分からなくなります。

でも、
実際は内容で悩む必要なんてないんです。
アナタが気にかけるべきポイントは他にあります。

メールのやり取りで気をつけること

アナタがプライベートで一番多くメールをする相手は誰ですか?

友人ですか?
親ですか?
兄妹ですか?

それが誰であっても構わないのですが、
思い出してください。

その人のメールは面白いことばかり書いていますか?
そんなことありませんよね?

アナタがいちばんメールする人は、
面白いことを書く人ではないのです。

これって非常に大事です。

つまり、復縁メールでも同じことで、
相手がリラックスしてメールを送る相手になるには、
面白いことを書いても意味はないのです。

では、何がポイントか?
それは、同調することです。

同調する効果

人は同調されると、
理解してもらっていると感じます。

そして、自分の考えや感性に自信を持ち、
メールしたことに満足するのです。

この関係が確立すれば、
相手はいくらでもメールをしてきます。
アナタに話を聞いて欲しくて仕方なくなるのです。

相手のメールに同調することは難しくありません。
よほど、自己顕示欲の強い人でない限り、
意識さえすれば、同調は可能です。

そして、さらに効果的なのは、
同調して、さらに褒めることです。

同調を理解とすると、
褒めることは、評価です。

一段高いステージでアナタと相手は共鳴するのです。
これは心を開かせていくうえで強力な武器になります。
意識してメールに組み込んでみてください。

次回は、やってはいけないNGメールについてお話します。

関連記事:

  1. 復縁メールの基本
  2. 返事をしたくなる復縁メールの内容
  3. メール返信は1日何通?何時ころ?
  4. 復縁メールを無視する理由

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

Share on GREE

>>復縁相談 復縁マニュアルはコチラ

タグ

カテゴリー:復縁メール

このページの先頭へ